ボチボチいきますわ絵日記

Studio-ZUのイラストレーターのタカダカズヤ=マルボーズのイラストブログです。よろしくお願いします。

サラサラと描く241


得意先に年末のご挨拶と、印刷物をもらいにと、請求書を
ついでに持参して行ってきた。
さらには、足を伸ばしてギャラリーにも行ってきた。

(外は)めちゃ寒かった。
けど、事務所の中やギャラリーは暖かく、いや暑く、しばらく
すると滝汗だった。






161217






あるギャラリーでは、紅茶を出していただいた。
ギャラリーで紅茶は、初体験だった。

椅子や机などの調度品も上品で、飾っている絵画も
スペースに対して、かなり余裕のある飾り方で、しかも
お値段が私の感覚の二桁ほど上だったりするので、お紅茶を
いただいていても落ち着かず、しかも暑い!ので汗はかくし
居心地は悪いし、だんだんと本気で気持ちが悪くなって
きたので、そそくさと退散した。

作家さんもいらしたので、開き直って色々とお話を伺おうかと
思ったんだけど・・・・とんだチキン野郎である。






161217-c






気の早い商店などは、入り口のところに小さな松の飾りを
付けたりしてあった。
そういうのを見ると、なんだか心が落ち着かないな。

日の暮れるのも早いので、少し写真も撮ったけど、早々に
家路についた。


















今年も残すところ、あと少しとなった。

新聞を読んでいて、7月にイラストレーターの灘本唯人氏が
お亡くなりになっているのを今更ながら知った。

今年も著名人がたくさんお亡くなりになっているが、灘本氏
の逝去は、とってもショックだ。

12月26日まで新宿のHCLフォトギャラリー新宿御苑という
ところで「MY FAVORITE 灘本唯人のにんげんもよう展」が
あるので足を伸ばして観に行ってきた。






161217-dm






少し場所が分かりにくい、こじんまりとしたギャラリーに20点
ほどの作品が飾られていた。
灘本さんの甥という方が会場にいらして、少し話をさせて
いただいた。

実は、灘本さんとは2度ほど遭遇したことがある。
ずいぶん前のことで、なんとペーター佐藤さんを灘本さんが
呼びつけ、目の前にナマ灘本唯人とペーター佐藤という
贅沢なひと時であった。

私はただ、両氏が喋られているのを聞いているだけだった
けれど、後でツレTから「『灘本さんは、なんとも思わんけど
ペーター佐藤にはビックリしたな!』ってタカダ酔うてるから
でかい声で、ドキドキしたわ」
と言われ、そんなこと言った記憶がある気もするけど、そないに
でかい声やったっけ?・・・・と恥ずかしくなった。

補足させていただくと・・・・
灘本さんは、あまりにも神的存在ゆえ、なんとも思わんという
レベルを超えてしまっていて、凄すぎてピンときていないとの
意味で言ったのだった。(T_T)

イラストレーターとして70年のキャリアをもち、その作品数は
膨大な数になると思われるが、会場の20点の作品は、どれも
私にとって教科書のようにGラノ〜ラのように心の栄養となった。


もっと
もっと
たくさんの絵を
この世に
生み出していただきたかったなぁ。



合掌。






161217-2

とっても恥ずかしいが、哀悼の意を込めて・・・・
でも、やっぱり私ってバランスを揃えすぎる傾向があるよなぁ。









  1. 2016/12/17(土) 01:49:43|
  2. ・スケッチ
  3. | コメント:3
<<毛筆ツール2016-132 | ホーム | 毛筆ツール2016-131>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/12/17(土) 03:15:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

まるで

まるで急ぐようにいろいろな方が
亡くなられますよね
灘本唯人さんの絵はワタシでさえ知っておりますが
お名前は存じませんでした。
少しググると予科練に入ってらしたとか
戦争を生き抜いた方は戦後の平和ボケしたワタシなどとは
別格の人生を送られる
今の日本がこのような方達の人生を踏襲できたらその
強さなど受け継げたらと残念です。

マル殿のトライ
ベリーグッドですわ。
  1. 2016/12/17(土) 09:14:26 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集 ]

お二人さんへ

鍵コメさんへ

そういえば、そんな話を聞いたことがあります。
そこが、あそことは!
貴重なカミングアウトを、ありがとうございます。
私もカミングアウトをしてもよろしいでしょうか?
え?イデキカセンジンヨガデヤ?それは、失礼いたしました。




ステキッッ!さんへ

90歳ですが、お元気に描かれていらっしゃるものと
ばかり思っておりました。
非常にショックを受けました。
紫綬褒章などを受けられ、お顔も広かったと思われ
会場にはY紀さおりさんからの花が置いてありました。
あの灘本さんの方の力を抜いた線を私もひきたい
なぁと思いました。
とても勉強になったです。
  1. 2016/12/17(土) 19:43:33 |
  2. URL |
  3. マルボーズ #.Oqi5Drk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

↓ブログランキングに参加しています。 ちょっと、そこにカーソルを合わせて・・・・ そうですそうです。 それから、人差し指にちょっと力を入れてみてくれはります?

ありがとうございます。 励みになります!

プロフィール

タカダカズヤ

Author:タカダカズヤ
タカダカズヤ (Studio-ZU)
大阪出身
現在は横浜在住
フリーランスのイラストレーター
お仕事、お待ちしています
HPできました!
↓よろしかったら、ご覧下さい

http://studio-zu.info

*当ブログに掲載されている
イラスト、写真の無断転載を
禁止しています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

イラスト (164)
・仕事のような (138)
・GoodBoysキャラ (6)
・困った時の (11)
・周囲のモノ (51)
・スケッチ (527)
・少年の夏 (45)
・ドングリ (13)
・リアルっぽい (46)
・石ものがたり (4)
・立体 (53)
・仕事 (29)
・コラボ (8)
・イラストと文 (650)
・アニマニュアル (41)
ヒメダカ (16)
写真 (122)
つぶやき (10)
その他 (19)
本 (5)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR