ボチボチいきますわ絵日記

Studio-ZUのイラストレーターのタカダカズヤ=マルボーズ隊員のイラストブログです。よろしくお願いします。

タイムカプセルな絵7


Cリスフーセンガムの商品化までの流れ、完結編です。


ここまでの流れは、追加、修正などまだ許せる範囲です。
しかし、またも鶴の一声が!

キャラクターが弱い!
強めのものに変えてくれ!


おおおおお〜〜〜〜〜〜〜いっ!
それは言うたらアカンやろうっっ!!
これには、呆れました。
今までやってきたことは何やったん?
全て無駄やん!
ここにきて?それは、一番初めに言うことやろ?

Cリスさんのヒドイところは、一度OKを出しておいて
それをいとも簡単にNGにするところでした。
時間がかかっても良いので、もう少し熟考してからOKが
欲しかったなぁと今になって思います。
この時は、それがヒドかったので、こうやってコピーを
取ってあったのだと思います。

フリーになってからも、2、3度ありましたかね?
散々修正修正ときて、スペースの関係上使わなくなりました。
散々修正修正ときて、元に戻してください。
こういうのって掟破りのルール無用の悪党やん?!
当然、その分の料金はいただきますけどね!でも、時間無駄!

Cリスさんは、まぁ言えばガムやらラムネやら同じものを外側
=パッケージを変えて、2ヶ月毎に新発売!とやっていたわけで
その度に、お偉いさんの鶴の一声でドンデン返し〜!
たま〜に起きました。
ですから、今、その時のことを思えば、大概耐えられるなぁと
心が鍛えられたマルボーズです。

間に入っている印刷屋の営業さんに言っても仕方のないこと
かもしれませんが、この時は上司も文句を言ってくれました。
先方が無茶苦茶を言うので、そうなるとこちらも強気です。
それでは、もうこれで行きますね!
と出した最後のデザインが以下です。






171110-1






ダース箱です。
文字にも文句を言い出しました。
これも行程的には、その1その2で言うべきです。
私は、かなり心が折れていたので・・・・
時間もなく、文字は上司が書いてくれました。

下にあるのは、そのあてがいの、もう1案の文字です。

しかし・・・・
あそこまで進んでいて、それをぶち壊すか?
工程・・・・おかしいでしょう?おかしいですよね!←まだ言う!






171110-2






ガムの包装紙の新しいパッケージデザインです。
男の子と女の子の2種類。






171110-3






最終的に包装紙裏の忍術のキャラクター=その4
描き変えをせず時間もないので前のキャラクターのものを
使うという、な〜んともヘンテコな折衷案で着地して商品化
いたしました。

以上が私の会社員時代の懐かすい!よりも、苦々しい
思い出でした。
でも、あの時は辛かったけど、こうやってブログネタにできて
ヨカッタ〜!(笑)
(確か、この印刷物があったと思いましたが、あるとしたら
開けられずの扉の向こうなので、またの機会にでも)

かなり愚痴っぽい内容のものになってしまい、誠に申し訳なく
思います。
暗い青春の思い出として読んでいただければ幸いです。(笑)


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました〜。






  1. 2017/11/10(金) 02:21:53|
  2. ・仕事
  3. | コメント:7

タイムカプセルな絵6


Cリスフーセンガムの商品化までの流れ、その4です。


私が会社で働いていた期間、Cリスさんの仕事で
たぶん初めてだったと思うのですが、ガムの包装紙の
裏側に印刷しよう!とCリスのお偉いさんが、どこかで
アイデアを仕入れてこられたのか?忍術のいくつかを
描いてくれ!との追加注文が入りました。

表面に透けて見えてもいけませんし、お金もかけられ
ないのでグレーの薄アミ1Cで行くことになり、その
デザインを起こしました。

文字は、写植ではなく手書きです。
当時、同僚の妹のJKにサンプルを書いてもらい
がんばって丸文字を練習しました。(笑)
チマチマとルビもロットリング=製図ペンで書きました。

しかし・・・・
後から後からです。
ご本人は、エエこと思いついた!
という感じなのでしょうが、行き当たりばったり感は
否めません。
やっている方は、またかぁ〜い?という感じでした。






171109






普通は、これで版下作業に進むはずです。
ところがです!
Cリスさんの仕事は、まだまだ終わらない。






↓次で終わりだけど、クリックしてね。
  1. 2017/11/09(木) 02:45:18|
  2. ・仕事
  3. | コメント:3

タイムカプセルな絵5


Cリスフーセンガムの商品化への流れ、その3です。


当時のCリスの、お偉いさんは、心変わりの激しい方で
何か思いついた、何か別の商品を見た・・・・
なんていうと、コロコロと180度方針の変わる人でした。
ですから、すんなり商品化する!なんてことはマレで
今回そのマレなのか?な〜んて思った自分が浅はかで
ございました。

2種作る別デザインは、女の子の忍者を出せ!
と言ってきたのでした。
なので、女の子のキャラを描きデザインラフを出しました。






171108-1






当然ながら、ダース箱も変わってきます。
女の子の忍者を入れたデザインに描き直しです。

仕事って、そんなものかもしれませんが初めに言うてよ!
という確率の高いクライアントでした。
後出しジャンケン!鶴の一声!
お客様は、神様なんかいっっ?!←大きな声で言えよ!

ちなみにダース箱は、白いところが窓になっており
閉じた状態で中身のガムが見えます。
それを開いて丸いところのミシン目で切り取り、半分に
折って立ち上げ、店舗でディスプレイするという仕組みです。
上は箱とつながっており、下にはベロがあります。
(文字でうまく伝わっているかなぁ?)






171108-2






ところがです!
Cリスさんの仕事は、まだ終わらない。






↓そろそろ飽きてきた人もクリックしてね。
  1. 2017/11/08(水) 02:11:38|
  2. ・仕事
  3. | コメント:7

タイムカプセルな絵4


私が会社員時代にやった仕事のコリスフーセンガムが
商品化するまでの流れ、その2です。


昨日の記事で6案提出した中の上から4番目の
デザインが通りました。

それで、その本番のダミーを作ります。
イラストをしっかり描き起こし、それをカラーキーという
ものに焼き付けて、それにアニメックスで着彩し、写植を
頼み、文字も作り・・・・カラーサンプルを作ります。

昔のことなので記憶がイマイチ確かではないのですが
デザイン違いを2種入れよう!とのクライアントの
鶴の一声でサンプルを2案作ったように思います。






171107-1






そして、店舗でのディスプレイ用を兼ねたガムを入れる
少し大きな箱=ダース箱のデザインを起こしました。
ダース箱は、デイスプレイと配送、まとめて入れる箱との
用途なので、デザインに関してはうるさく言われないです。
色数も2Cだったり、あまりお金もかけないところがあります。
(この時は、4Cでしたけど)

ここまでメチャ順調です。






171107-2






ところがです!
コリスさんの仕事は、なかなか一発では終わらない。






↓懐かしいけど苦々しい思いも蘇ってきたのでクリックしてね。
  1. 2017/11/07(火) 03:23:11|
  2. ・仕事
  3. | コメント:4

タイムカプセルな絵3


3連休、終わりましたな。
今月の小忙ーズ週間がそろそろ始まります。

それとは別に打診があって、本一冊(全55Pくらい)
丸ごと80カットの仕事が入ってくる予定です。
ってか、休みの日なんだけど、少し入ってきた!
(社長さん、相変わらず休みでも働いたはるのねぇ)
見事に12月の小忙ーズとかぶりそうだなぁ。
たぶん、12月中旬までヒーヒー言うことに
なりそうであります。

さて、どうなりますことやら・・・・


先日、予期せぬところからサラリーマン時代の仕事の
コピーが出てきました。
しばらくそれで(お茶を濁す)商品化までの流れを見て
いただきたいと思います。

フリーになる前、私は大阪のデザイン事務所で
パッケージデザインのイラストを描いておりました。
(パッケージの構造ではなく、グラフィックデザインです)
クライアントは、ブルボン、カバヤ、センタン、コリス
アース、金鳥などなど。
お菓子、氷菓、飲料パック、防虫剤、ティッシュボックス・・・・

可愛い男の子、女の子、動物、キャラクター
リアルな商品パース、取り扱い説明図・・・・
いろいろなモノを描きました。


例えば、トイレにセボンという商品がございます。

トイレのタンクの上に商品があって、そこに水が落ち
下から青い水が見えているようなイラストを描くわけです。
当時はカラーコピーの質が今ほど良くなく、カラーカンプ
といって、 本描きより少し力を落としてパッケージのダミー
のために描いておりました。(勿論PCは、普及してない)
写真を使用する場合なども同様でした。

それを正面と側面の2カット。
デザインを3種作るとして6カット。
色変えの商品が同時に出るとして×2の12カット必要に
なってくるわけです。

本描き前のカンプといっても、他社よりキレイに上げれば
次の仕事につながりますよね。
というわけで、私なんぞは常に本気で(本描きのつもりで)
描いておりました。

何種かデザインを提案し、そこから絞り込まれ
それで通れば商品化、本描きイラストとの流れでしたが
それがなかなか・・・・






171106






これは、コリスという駄菓子屋さんで売られている
フーセンガムの商品化までの流れその1です。
銀紙包装のガムの外側を包む紙のパッケージデザイン。

企画は、コリスから、中間の印刷屋さんから、こちらから
いろいろありましたが、だいたいコリスの専務さんの
鶴の一声によるところが多かったように思います。
この時は、噛んでいるうちに色が変わるガム=忍者
ということになったようです。

(モノクロコピーで申しわけないですが)
紙にポスターカラーで全て直描きです。
これで決まれば、本描きに入ります。

・・・・どれが通ったと思いますか?






  1. 2017/11/06(月) 01:35:19|
  2. ・仕事
  3. | コメント:6
次のページ

フリーエリア

↓ブログランキングに参加しています。 ちょっと、そこにカーソルを合わせて・・・・ そうですそうです。 それから、人差し指にちょっと力を入れてみてくれはります?

ありがとうございます。 励みになります!

プロフィール

タカダカズヤ

Author:タカダカズヤ
タカダカズヤ (Studio-ZU)
大阪出身
現在は横浜在住
フリーランスのイラストレーター
お仕事、お待ちしています
HPできました!
↓よろしかったら、ご覧下さい

http://studio-zu.info

*当ブログに掲載されている
イラスト、写真の無断転載を
禁止しています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

イラスト (169)
・仕事のような (150)
・GoodBoysキャラ (6)
・困った時の (11)
・周囲のモノ (63)
・スケッチ (591)
・少年の夏 (47)
・ドングリ (14)
・リアルっぽい (46)
・石ものがたり (4)
・立体 (53)
・仕事 (38)
・コラボ (8)
・イラストと文 (667)
・アニマニュアル (42)
・筋トレ (3)
ヒメダカ (16)
写真 (131)
つぶやき (10)
その他 (20)
本 (5)

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR